旅好き会社員、アメリカに長期滞在(2回目)する。

ラッキーなことにインターバル1年で2回目のアメリカ長期滞在権(半年)をげっとした企業知財部員のブログ。

181017_米国特許に関する試験、申し込みプロセスについて

アメリカに長期滞在する知財関係者では、この試験を受けることに興味を示す人も多くいるものの、実際に受けた人の体験記、申し込み手続きなどはあまりネット上に落ちていません(少なくとも日本語で検索する範囲では)。なので、とりあえず申し込み手続きについて、備忘のために書きます。備忘って、私にはもう必要ないのだが、今後続く人がいそうなのでね。。

 

結論からまず申しますと、提出する書類は以下でした。

これで100%とは言い切れないですが、少なくとも私はいけました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 ■申し込み関係

PTO-158フォーム(試験申し込み書類)・・・試験要綱に入ってます

・費用支払いフォーム(PTO-2038)・・・ググったら出ます

■成績関係

・大学の学部の成績証明書

・大学の卒業証明書

■ビザ関係

・ビザ書面のコピー&パスポート写真面のコピー

・ビザ手配時に作成した書類/サポートレターの全コピー

 ⇒ただしビザには、米国内での業務の助けのため、この試験を受験する

  ということをあらかじめ記載しておく必要あり。

■費用

・$300(試験申し込み時)

・$165(試験センター予約時)

■マナー的な

・カバーレター(自分の所属する会社のヘッダーで)

■カテゴリーAに当てはまれなかった人

・大学のシラバスのコピーとかデータ

シラバスの翻訳(セルフ翻訳でOK)

・真面目に翻訳した旨のサイン(フォームは自由)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

手順

①申し込み区分の確認

②書類整備

③応募

④試験センターの予約

⑤試験がんばってください

 

①申し込み区分の確認

興味がある方はまず受験要綱を読みましょう。

受験要綱

https://www.uspto.gov/learning-and-resources/patent-and-trademark-practitioners/becoming-patent-practitioner/registration

試験を受けるには、大学(学部のほう)で、サイエンス関係の規定の単位を取れているかどうかが問題になります。試験要綱の中に「Category A」という欄があり、そこに、出身学部が記載されている人は、きっとすぐにでも受験許可が下りるでしょう、おめでとうございます。

ここで「CategoryA」に入らなかった人は、他の手段で、自分が特許を扱うのに必要な程度のサイエンスのたしなみがあることを証明せねばなりません。具体的にはまず「自分が在籍した当時の、大学の学部のシラバス」を取り寄せてください。

これ以外に、日本から持ってくる必要があるのは「大学の卒業証明書(英文)」と「成績証明書(英文)」です。

 

②書類整備

申し込み区分が確定したら、各種書類を取り寄せ、手元にそろったら書類整備を始めましょう。

■申し込み書類

PTO-158フォーム(試験申し込み書類)・・・試験要綱に入ってます

 ⇒記入方法は、試験要綱に書いてあるのでそれに基づき記入します。住所関係いろいろは後程。

■成績関係

・大学の学部の成績証明書

 ⇒専門教科(一般教養でなく)として取得した単位にマーカーで目印を付けます。間違うと面倒なので、卒業証明&成績証明は各2部づつ確保しておくことをお勧めします。

 

■費用

費用支払いフォーム(PTO-2038)をググって探し、費用を$300として支払います。支払いの名目は試験要綱に記載あり。後で余裕があれば追記します。

■カテゴリーAに当てはまれなかった人

・大学のシラバスのコピーとかデータ

シラバスの翻訳(セルフ翻訳でOK)

・真面目に翻訳した旨のサイン(フォームは自由)

⇒私はカテゴリーBになったので、大学で取得した単位のうち、専門課程のものが30科目(30単位ではありません。単純に科目が30必要)以上あることを証明せねばなりませんが、シラバスは日本語のみでした。そのため、シラバスに記載されている科目を英語に書き直したものを印刷して添付しました。本物のデータは可能なら後程紹介します。翻訳時にはサインを付けます。サインは

http://www.immigrantjustice.org/sites/default/files/Appendix%20J%20-%20Certificates%20of%20Translation%20for%20Foreign%20Affidavits%20and%20Documents.pdf

こんな感じのフォームに日付とサインをいれます。これでOKなんかい!セルフじゃ誰も補償してないじゃん!て感じですがこれでOKです。

 

■マナー的な

⇒最後に、送付書類一覧などを記載したいわゆるカバーレターを作ります。私は自分の会社のレターヘッドを利用しましたが、友人は、お世話になっている滞在先の特許事務所(弁護士事務所)のレターヘッドを使わせてもらったと言っていました。どちらでもよいと思いますが、レターヘッド無しではダメそうです。こちらのサンプルを書いてくれた人には本当に感謝しかないです。私はこれを自分で使えそうな状態にModifyして使いました。しかしこのサンプルを置いてくれた人、インテリジェンスすぎませんかね。。

http://book.geocities.jp/h_highstone/SAMPLE_Patent_Bar_Application_Front_page.pdf

 

③応募

全書類が揃ったら、とりあえず封筒などに入れて私は郵便局に行きました。USPTO/OEDに送付するため住所を控えてUSPSに向かい、USPSにおいてあったPrioority Mailだかなんだか、赤い薄っぺらいA4よりちょっと大きいサイズの封筒にその場で住所を記載して窓口へ。$5ほどで発送できました。

ここからはOEDの対応待ちですが、私の場合はこんなスケジュールでものごとが進みました。

9/23 書類を発送

10/3 OEDから、書類郵送先の確認の電話(イレギュラー)

10/9 封筒が手元に到着、試験日予約ができるようになった

私は、年内で帰国する旨のビザを付けていたので、急いでくれた可能性があります。全員このスケジュールでいけるかどうか不明なので、早めの準備をお勧めします。

 

 

④試験センターの予約

試験は、試験センターで行います。

Prometric: Trusted Test Development and Delivery Provider

10月9日に受験予約可能になってすぐサイトを確認したところ、最短受験可能日は10月18日でした。次の受験可能日は10月30日頃でした。試験日の予約ができにくく、受験可能状態になってから1か月くらい期間が必要、という話を聞いていましたが、場所と時間を選ばなければもうちょっと短いインターバルで受験できそうです。ちなみにワシントンDC近郊には4か所のテストセンターがあり、それぞれで空き日程は異なります(4か所、とは、DCのど真ん中KStreet沿い、フォールズチャーチ付近、ベセスダ付近、ニューャロルトン付近)

10月18日、19日あたりはおそらくキャンセルが出たことによる空きと見受けられるので確実視しないほうがいいですが、10月15日の時点で11月1日の予約ができる状態だったので、まあ最低2週間かな、という見解です。

ここで予約をする際に、試験センター利用料$165が必要です。申し込み時にオンラインで支払います。

 

⑤試験がんばってください

勉強方法はみなさんいろいろ考えがあるようですが、私は実際にまだ受けていないのでなんともいえません。。万一受かれば教材など情報公開したいところですがあまり期待はしないでください。

 

というわけで、試験を受ける予定の方は日本から持ってくる書類、ビザ手配時のサポートレターの記載等、お気をつけてお越しください。ビザに何も言及がないと受験不可になることもあるようです。。

 

 

Akko

 

 

 

 

 

 

181007_国民の休日(?)

明日、10月8日はコロンバスデー、ということで一応National Holidayです。日本みたいに祝日が多くないアメリカでは、貴重なNational Holidayのはずですが、私がお世話になっている法律事務所は営業日ですし、以外と「通常営業」の人が多いのだと聞きました。

この日の由来が、「コロンブスアメリカ大陸を発見した日」ということで、私のような単細胞ジャパニーズ的には「おお、すごい日じゃん」となるのですが。アメリカ大陸に元から住んでいた先住民の立場からすれば、迫害の歴史の始まりな訳で。。。先住民のみなさんからすれば、完全に面白くない日ですよね。そりゃそうだ。私がお世話になっている事務所はワシントンDCにあり、私の面倒を見てくれている人の住まいはヴァージニア州にあります。ヴァージニア州は、南北戦争では南側、ということで先住民が多かったのかな。。ということはこのあたりにルーツがある人にとっては楽しくない日ですね。

 

 

州によって「ある日」の捉え方が違うというのは、単一民族からなる日本ではまあ考えられないことです。コロンバスデーから、Native American's dayに名前を変えた州もあるとか。(詳しくはWikipediaに任せた)

 

コロンブス・デー - Wikipedia

 

 

国民一律でいろいろな記念日を迎えられるのは、大変なんでもなく当然のことだと思っていましたが、それだけでも本当はすごいことなのかなと思わざるを得ませんね。今も内戦しいる国も多くあるのだし。

 

Akko

 

181003_期間の半分をとうにすぎて

滞在期間の半分をとうにすぎて、大掛かりな出張も終わり、落ち着いてあと70日くらい仕事(と勉強)しようかな、という感じですが、

このあたりで、昨年度との通算で約半年アメリカに滞在させてもらい、気づいたことなど順次述べていこうと思います。

 

1)アメリカはでかい

 

2)聞いたら教えてくれるが、聞かなきゃ教えてくれない

 

3)殆どの人が完璧(≒95点)を求めていない。たぶん要求が80点

 

4)IT企業とか多いし、新しい物好き?!かと言われると違う

 

5)本当にいろいろな人がいる

 

6)ホームレスがたくさんいるが、ホームレスへのケアも比較的ちゃんとしている

 

7)来るもの厳重警戒、去る者全く追わず

 

単に日常生活あるあるブログにはしたくなかったのですが、たった半年で理解できるほど外国は浅くはなく、結局日常生活あるあるになりそうでなんかいやだ。。。

 

 

Akko

181003_OEDからの電話

結論から申しますと、例の試験の受験資格が得られました。

 

受験資格が欲しかったので望みどおりと言えばその通りなのですが、これで、遊び惚ける訳に行かなくなったので、幸か不幸か、という感じです。

遊び惚けるといっても、もうお金使い過ぎたので旅行したいという欲はほぼなく、スミソニアンも昨年に行きたいところは行ってしまっているので未練はないです。

しかし、今年知り合っている人たちと会って話して人生の幅を広げる時間と、試験勉強をする時間と、仕事をする時間との割り振りに悩む状態です。

ですが、どうやら、滞在は残り70日を切っている模様ですので、睡眠時間削って対応が一番いいかな、、日本帰ってから寝ればいいし(違

 

試験申し込みに必要だったもの、などの詳細は別途報告します。

 

 

Akko

 

 

 

180923_沈黙の間にしていたこと

すっかり書いていませんでしたが、端的に言うと燃え尽きておりました。

こちらにきてから3か月が過ぎたのですが、昨年の3か月と比べても倍近く活動しているのに、今からまだ2か月半あるということを考慮すると、少し脱力しないと最後まで持たないということに気づきました。なので脱力していました。だーらだーら。

・・・

というのはUSOで(嘘で)脱力しながらも、実は試験準備をしていました。

 

こちらに滞在中に、何か知財関係では有名な試験を受けてきたらってことになり、私もちょっとやってみたかったので試験申し込みの準備をしていました。いや本当はもう完全に遅いんですけど。一か月前にやっとくべきだったのですが。

日本の「各種試験申し込み」がいかに甘やかしモノであるか、もといいかに親切であるかを実感しています。何をそろえればApplyできるかが「ひとめ見てもわからない(読めばまあ解る)」、条件によって支払い金額が違うのに、「どういう人はXXXドル」

の「どういう人」は別の書類参照。

かと思いきや、試験の受験に特別な配慮の必要な人(車イスとか)の人はこの書類つけてくださいね、という書類は応募要項の中に含まれている。クレジットカードで払いたい人の専用フォームは、それそのものをGoogle検索しないと出てこない、という。日本人的にはちょっとチグハグな「応募要項」もちろん全編英語。

 

TOEIC申し込みたい人はこのサイトから、この空欄だけ埋めてね!」みたいな親切心は皆無。

TOEICみたいに気軽な試験じゃないとしたって、弁理士試験だってさすがにもうちょっと親切なのでは?(受けたことないから知らんけど)

 

それだからこそ早くやらねばならなかったのですが、ぶっちゃけ「試験受けに米国に来た訳」じゃないし、人と知り合うのも、仕事も、もちろん遊ぶのも全力で詰め込んだ結果がコレなので。。多分、1回受験するのは間に合うと思うのでその1回に全力投球するのでお許しを、、て感じでいます。書類はなんとかそろった。

 

ただ、明日8時のフライトで西海岸に出張・・・><

 

この国の郵便事情を考えると、明日いそいで西海岸でポストに入れるよりも、出張から戻った金曜に東海岸から投函するほうが絶対に、米国特許庁(ワシントンDC近く)には早く到着するに違いない。なので、投函は金曜日まで待つか、今日夜会う知り合いに断られ覚悟で頼んでみるかどうしようか。。

 

噂によると、発送から3週間くらいで(受験OKなら)試験会場の予約ができる。そこから、場所によって2-3週間後に予約取れる、試験2回目までは1か月空ける。

なので

9/28投函→10/19OK連絡→11/9受験→次はダメ(12/9帰国予定)

ほんとうに一発勝負になりそうです。

吐きそう・・・

やっぱり、今晩会う人にダメ元で発送依頼してみます。

 

と思ったら日曜営業してるUSPSの支店発見!!!

 

でかけてきます!!!

 

 

Akko

 

180908_アメリカ大陸を2/3くらい横断する鉄道に乗った(その5・最終回)

大変のんびりしてしまいましたが、ゼファーの旅第5回です。これにて完了です。

 

今日の工程は③、の→に書いてある「オマハ」あたりからシカゴまでです。アイオワ州の畑の中をぶっ飛ばす日です。

f:id:jerryfish0920:20180820130316j:plain

 

おはようございます。オマハより西側のどこかで目覚めました。今日も朝ごはんを食べる気にはならなくて(昨日の晩、めずらしくしっかり食べたので)、モーニングコーヒーと、Ericがおいておいてくれたクッキーで終わり。

f:id:jerryfish0920:20180909061943j:plain

しばらくたって、オマハ駅に到着。やっぱり2時間遅れ。そして今日のこのあとの予定が絶望的であることに気づく。

 

今日は、本当は、シカゴについてから3時間後くらいの飛行機を予約していて、そこから友人の住む、ニューヨーク州バッファロー(ナイアガラの滝のアメリカ側でもっとも近い街)に飛ぶ予定でしたが、2時間遅れでは、絶対に空港に到着できません。さて、どうするか。調べものをしたいのに、とうもろこし畑の中では結構なエリアが「圏外」で(*使用する電話回線によるかも。私はH2OワイヤレスbyKDDI、というのを使ってました。これについてはまた後で)。

 

オマハ

f:id:jerryfish0920:20180909062042j:plain

いろいろ気になるけどほとんど圏外だから調べものもできず、仕方なくKindleで本を読む。ここで読んだいろいろは、旅から戻ったあといろいろ役立つ。やっぱ読書って大事だな。最近すっかり離れていたけど、iPad導入で本の持ち歩きができるようになったので、読書も再開しよう。

クレストン。

f:id:jerryfish0920:20180909062051j:plain

こんな感じの畑がずーーーーーーーーっと続く。

f:id:jerryfish0920:20180909062052j:plain

最初は激写していたものの。。。。

f:id:jerryfish0920:20180909062112j:plain

朝起きてから、シカゴ直前まで本当にずっとこれなので、今日は写真が少ない。スマホでは多少撮っていたけど、本気のカメラで撮るには、風景の変化がなさすぎる。

f:id:jerryfish0920:20180909062125j:plain

オタンムワ?

f:id:jerryfish0920:20180909062126j:plain

フレッシュエアーストップのため、外に出て歩き回る。時間があるので久しぶりに単焦点50mmF1.8など持ち出してみる。さわやかだ。

f:id:jerryfish0920:20180909062143j:plain

 

そして列車は相変わらず畑のなかをひた走り、さまざまな駅を過ぎていく。しかし。ずっと畑の中なのに、少しも巻き返してくれないのはなぜなのだ。一定区間、爆走したかと思えば、次の区間は「もっと早く走ってくれよ~涙」と言いたいくらい減速する。もうただでさえ2時間遅れているのだから、巻き返しても乗客は文句言わないと思うんだよ。

f:id:jerryfish0920:20180909062149j:plain

続・畑

f:id:jerryfish0920:20180909062201j:plain

さわやかでいいんだけど、私の頭の中は、乗り継ぎできない飛行機のことでいっぱいいっぱい。

f:id:jerryfish0920:20180909062242j:plain

ああーこんな街も気になる、気になるがしかし!!!飛行機のほうが気になる。

f:id:jerryfish0920:20180909062245j:plain

そうこう言ってる間に、シカゴの結構近くまでやってきました。

いつのまにか圏外からは抜けていて(正確には、圏外から抜けたのは結構早かったらしいのだが、スマホが自分から電波捕まえにいってくれなかったから圏外だった。電源切って再度入れたらアッサリ圏内。どういうことよ。。(;´Д`)

 

そんな訳でここから、全力で、乗れない飛行機の代替手段を考え始めたので、駅しか写真がありません。

f:id:jerryfish0920:20180909062255j:plain

f:id:jerryfish0920:20180909062455j:plain

飛行機が乗れない!となったとき、一般の方は便の変更を想定すると思います。しかし私は旅に関してはドケチなので、基本的に変更不可の最安チケットしか買いません。そのため今回もチケット変更できないと思い、ここから

・新規で購入可能なエアチケット

・シカゴからバッファローまでのアムトラック深夜便

を調べ始めました。しかし前者は$350、後者に至っては本日の空席なし(嘘だろ)という状態でした。血の気が引いてきます。ああどうしよう、$350もあと5席って書いてある、早くしないとそれもなくなる。。。

 

このとき、別の友人とLINEで話していて「だめもとで航空会社に電話してみたらどうか」との提案を受けるも、アメリカ人スタッフ相手に電話して全く通じなくて困った経験のある私、躊躇う。躊躇ったのち、やっとの思いで電話をかけることを決意し、ネットで調べ始めたら「ユナイテッド航空USコールセンター(日本語専用)」という神のような窓口があることがわかりました。躊躇うことなく日本語で電話をかけてみたところ、私が手配していたチケットが「変更可能」なものであることを、オペレータのおねえさんから告げられました。

普段、変更不可ばかり購入しているせいで、今回もそうだと思っていましたが、今回は飛行機の手配が直前すぎて最安チケっとが売り切れていて、図らずも変更不可チケットを買っていたようです。たすかった。。。到着時間は遅れるが、仕方ない。22時半くらいの便のチケットに変更してもらってことなきを得ました。

 

ああ、やっとシカゴ。長かった。遅延も含めると、53時間半の鉄道旅でした。アメリカって本当ーーーーーーーーーーに大きい。

f:id:jerryfish0920:20180909062502j:plain

 

飛行機問題で疲れ果てて、でかける気力もなく、駅(シカゴ・ユニオンステーション)の中で休憩。ここ、有名なホールなんだそうですが、残念ながら天井工事中。天井までの吹き抜けが見事だというのに残念無念。

f:id:jerryfish0920:20180909062507j:plain

 

その後も、まーーーいろいろありまして。友人宅には21時半に到着する予定が、なんと深夜2時半の到着になってしまいました。

2230のはずの飛行機は、到着した機材の調子が悪いので別の飛行機を手配しますとのことで+70分の遅延となりました。また、機内に搭乗してからも飛行機はなかなか動かず、私の見ている前で、空港スタッフが飛行機に繋がれた機械を「おっかしーなー、なんで動かへんのや(バンバン)みたいな調子で叩いているのを見て怖くなったりしました。結局、+20分の遅延となり、深夜24時頃にシカゴの空港を出発。時差一時間のバッファローへは、現地時間深夜2時の到着となりました。

 

f:id:jerryfish0920:20180909062518j:plain

写真左が東側ですが、シカゴからバッファローへの飛行機、窓際が当たりまして。外を見ていたら、きれいな沿岸の夜景が見られました。

更に、もしかしてと思って外を見ていたら、やっぱりね。五大湖の上は空が真っ暗なので、星が見えるかなあと思っていたのですが、やっぱり見られました。そして昨日に引き続き、ペルセウス流星群の流星を3つほど観測。ちょっと天の川も見れました。隣の人に多分へんな目で見られながら。着ていたパーカーのフードを窓にべったり押し付けて機内の反射をなくし、空を眺め続けること30分、ですね。子どもか私。

 

こんな感じで、アメリカ大陸2/3ほど横断の旅は終わりました。

長くなるので、思ったこと知ったことなどは別エントリーとします。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

Akko

 

180827_アメリカ大陸を2/3くらい横断する鉄道に乗った(その4)

f:id:jerryfish0920:20180820130316j:plain

 

Akkoです。

先週末、出張に出かけたのですが、そこまでの間にたまっていた疲労も含めて全てがこの週末に放出され、今日は一日引きこもっていました。本当はでかけるはずだったのですが、、当日取り消し。。まあ無茶しちゃだめですね。よく考えたら、この鉄道旅だってまだ2週間前の話ですからね。。

 

さて、鉄道旅はハイライトに差し掛かっています。今日も写真30枚くらいで紹介します。今日は、ゆっくりとコロラド州を走っています。グレンウッドスプリングス~デンバーです。

 

 

グレンウッドスプリングスを、予定通過時刻から2時間遅れて通過。

f:id:jerryfish0920:20180827112503j:plain

 

グレンウッドスプリングスは、ロッキー山脈への西側の入り口付近です。ここから一気にロッキーへ。

f:id:jerryfish0920:20180827112517j:plain

おだやかなコロラド川。ここからずーっと、コロラド川に沿って列車は走ります。進行方向の右に左にいい風景が現れるので、この区間は展望車にいるのがオススメだとおもいます。ですが、もはや席を離れない強者も結構います。

f:id:jerryfish0920:20180827112526j:plain

f:id:jerryfish0920:20180827112602j:plain

f:id:jerryfish0920:20180827112605j:plain

f:id:jerryfish0920:20180827112624j:plain

f:id:jerryfish0920:20180827112630j:plain

f:id:jerryfish0920:20180827112712j:plain

f:id:jerryfish0920:20180827112720j:plain

f:id:jerryfish0920:20180827112732j:plain

f:id:jerryfish0920:20180827112756j:plain

コメントを書くまでもなくステキな風景。

f:id:jerryfish0920:20180827112807j:plain

f:id:jerryfish0920:20180827112834j:plain

悟りを開いてそうな人いた。

f:id:jerryfish0920:20180827112837j:plain

壁。よくこんなところに線路通したな。。。

f:id:jerryfish0920:20180827112907j:plain

 

 

 

f:id:jerryfish0920:20180827112911j:plain

このあたりで山脈のピークはぬけていて、平原になってくる。このあたりは電波がなくて(オフライン地図ダウンロードしてくる作戦をしなかったので)ここがどこだか全然わからない。ここがどこだかわからない、というのがちょっと悔しい。

f:id:jerryfish0920:20180827112923j:plain

うま。今回は、放牧主の施設がちかくにみられました。

f:id:jerryfish0920:20180827112955j:plain

f:id:jerryfish0920:20180827113006j:plain

グランビー駅。

f:id:jerryfish0920:20180827113017j:plain

f:id:jerryfish0920:20180827113055j:plain

フレイザー・ウィンターパーク駅

f:id:jerryfish0920:20180827113107j:plain

 

フレイザーの駅を出発すると、しばらくして、全長10km、モファット・トンネルを走ります。

途中全然写真とってなかったんですが、この「モファット・トンネル」の途中に、アメリカ大陸、この路線の【分水嶺】があります。これが、1日目の記事で出題したクイズの回答です。デンバーより西側です。以外と西側ですよね。。現地の人はだから、この分水嶺よりも西側をアメリカ西部と思っていて、それより東が東部と思ってるようです。

 

モファット・トンネルを超えたあたりで本日の(ちゃんと予約できた)ディナー。優しい奥様と、これまた優しそうな旦那さんと息子くん、という3人家族と相席になり。この旅初めての「スモールトークをしながらのディナー」。ご家族が温泉帰りなこと、今年はホリデーが1週間しか取れなかったこと、シカゴから来ていること、奥様のおばあさんがアイルランド人なこと、などを話してくださいました。

優しいご家族だったからとても楽しい時間を過ごせました。息子くんはもうすぐ学校が始まるので、ホリデーが終わるのが憂鬱なんだそうだ。どこの国でも一緒の、夏休み明け間近の風景。

そんな楽しい食事の最中、ここは絶対に写真撮らねばというポイントがやってきたので、マナー的にどうなんだかわからないが、写真をガシガシ撮りました。

 

高台を走る線路(自分が今いる所)と、デンバーに向けて降りていく斜面にゆうゆうと延びる線路。素敵ー。

f:id:jerryfish0920:20180827113112j:plain

今日はたまたま、貨物列車が止まっているので、線路がどこにあるか見やすいですね。

f:id:jerryfish0920:20180827113144j:plain

 

そしてもうひとつの興奮が。この車窓から「デンバー」が見えます。見えるんです。見えたんです。。!! 写真には、写ってるかなあ、、、拡大できたら、じっくり見てみてください。右側の窓の、右から2/3くらいの所に、高層ビル群の白いシルエットが見えます。

f:id:jerryfish0920:20180827113201j:plain

いつもこんなに煙っているのかと聞いてみたら、今年は西海岸とユタの山火事で大気中にチリが多いとのこと。普段はもっとクリアな空だそうなので、普段はもっとはっきりとデンバーが見えるのだと思います。残念。

 

そういえば、西から天気が変わる日本に対して、たとえばワシントンでは雨雲は南西から北東に流れていきます。コロラド州のあたりは、ほぼ西からか、南南西あたりかしら。州の位置関係的に。

 

f:id:jerryfish0920:20180827113217j:plain

 

そうこうしている間に電車はデンバーの街に近づいてきました。ご家族との相席を離れ、展望車で都会の風景を見ながらちょっとの間、ひとりビールを飲みました。ここでハイネケンを選択してしまい、友人から(SNSにて)「なぜそこでアメリカのビールじゃないんだ!」とつっこまれました。

 

予定よりやはり2時間遅れてデンバーへ。

f:id:jerryfish0920:20180827113305j:plain

f:id:jerryfish0920:20180827113304j:plain

 

デンバーからはしばらく暗闇を走るということで、この日の晩はペルセウス流星群の観測を試みました。個室の電気を消し、カーテンより外側に顔を出し、目を真っ暗闇に慣らしつつ夜空を眺め、流れ星を3個発見したのち、寝落ちしました。

 

寝台列車で流れ星を観察しながら、心地よい線路の音を聞きながらの寝落ち。

この旅でも最高の瞬間でした。

 

 

Akko